仲介手数料の金額は内見の前にサクッと確認しておかないと

2020年3月4日

仲介手数料の金額は、内見に行く前にサクッと確認しておきましょう。

引越し 見積もり

当店なら仲介手数料が安いよ!

引越し貧乏という言葉があるくらい、何度も引越しをするのはお金がかかります。

なので賃貸物件のお引越しで、初期費用をなるべく抑えたいと思うのは当然のこと。

そんなお客さんの気持ちは知っていて、仲介業者は「当店なら仲介手数料が安いよ!」というノボリや看板を掲げていたりします。

仲介業者が限定されていない物件も多い

多くのアパートやマンションが、複数の仲介業者のどれかで契約できるようになっているみたいです。

あの物件はあそこの仲介業者で契約しないとダメ。っていう事では無いケースが多いです。

例えば、駅近くの「ぴったりハイム」というアパートが外から見て気に入った。それぞれ別会社の、仲介A社でも、仲介B社でも、C社でも内見も申し込みも出来るみたい。という事です。

そんななかの客引き合戦のひとつで、「当店なら仲介手数料は安い」アピールをするんですね。

そりゃあお部屋は同じだったら、費用が安く済むならその方が入居希望者にとっては良いに決まってます。

支払う可能性がある仲介手数料は最大で家賃の1ヶ月ぶん

仲介手数料は家賃の1ヶ月ぶんの金額が上限と決められています。

そして多くの業者で、その最大値である家賃1ヶ月ぶんを支払う契約になっていますね。

ここで一度覗いてみたくなるのが「当店なら仲介手数料は0.5ヶ月ぶん」など、安く設定しているアピールの仲介業者。

前置きが長くなりましたが、さぁここが簡単なチェックポイントです。

まずお部屋を内見で決めてから金額考える?

「当店なら仲介手数料は0.5ヶ月ぶん」というノボリを見て、ある仲介業者を訪れます。

条件など希望を伝え、20件以上の物件情報から選んだいくつかのお部屋を内見しに行きました。

そのうち一つのお部屋が希望にあっていると感じたので、悩んだけど決めました。

家賃と敷金礼金は当然アタマで計算してあります。

あとは、引越し業者の料金と、あ、仲介手数料。

でも、0.5ヶ月ぶんだから大きな金額にはならないよね。

順序の失敗。内見する前に金額は確認しよう!

お店に戻っていくつかの書類と共に、詳細な金額の内訳を見ると・・・

あれ?仲介手数料が1ヶ月ぶんだぞ?

聞いてみると、

「いやぁこの物件は他社の管理なんでぇ普通に1ヶ月ぶん頂かないといけないんですよぉ」

はい、出ました。

そういう教育されてるのね。

この時点でこの人とかれこれもう5時間くらい一緒にいたんだけど。

いえ、そうね、こっちから事前に確認しないといけなかったんですね。

初期費用の金額も物件情報の一部です

物件情報を比較している最初の段階で費用も明らかにしておけば、このガッカリは避けられましたね。

つい、どんなお部屋なのかが気になりすぎて、そこばかりを見てワクワク比較してしまいますが、そこは現実的に。お金に糸目を付けずに引っ越す富豪ではないので。

物件ごとにA4サイズとかの紙に印刷して物件情報を渡してくれますから、占有面積とかに丸印つけたりしながら、そこにサクッとメモする感じで、

「こちらだと初期費用はこうなりますよねー」

自然な流れで聞いちゃいましょう。

この時点で「仲介手数料0.5ヶ月ぶん」はごく一部の物件のみにしているけど大きく宣伝しているお店だとわかっていれば、5時間かける前にこの仲介業者で良いのか、考え直すことが出来ますね。

スポンサーリンク